なんちゃって課長日記

自殺した父、認知症の母、社会的入院中の妹を持つ介護離職者の生活とその周辺

氣志團HALL GIG TOUR 2005→2006 氣志團学學園 〜愛羅武勇からはじめよう〜 なら100年会館大ホール

moritashigeru2006-02-12

氣志團ちゃんブログではユッキがビートの向こう側へ行きそうだというほどの3150の演奏だったらしいのに、席は2階席最上段ステージ寄り、急ごしらえのパイプ椅子で ステージを上から見下ろすような感じなのは面白かったけど、後ろから反響のせいかギターの音ばかりで、ユッキ&松坊のリズム隊も團長のボーカルもワァンワァンって感じで聞こえづらかった。 しかし今ツアーは俺がチケット確保全滅で連れのR課長夫人に全部頼り切りなので、文句は云えない。。。

團長がアコギ一本で『愛羅武勇』、途中で歌詞が出てこず最初から歌い直す事になったが、30年近く前に長渕剛が『順子』でネタ的に歌い直すのをやっていたけれど、今回はそれのオマージュだろうか? ユッキのビートの向こう側と合わせて、明日の大阪GIGも目が離せないゼット!

会場から出て殆どの人が目と鼻の先のJR奈良駅に向かうのだが、ちょっと離れた近鉄新大宮駅に向かう人達はまばらだ。俺とR課長夫人はその駅に向かって会場の敷地を歩いていた。すぐ前に女子二人連れが歩いていたのだが、一人が石段を下りるところで足を踏み外してうつぶせに転倒した。俺には頭を打ったように見えたので慌てて駆け寄って声を掛けた。幸い頭は打っておらず意識はあったが、胸を強打して呼吸が苦しそうだ。こんなおっちゃんに薄暗いところで付きまとわれては迷惑かと変に意識して早々に彼女の連れに後を任せてその場を後にしたが、R課長夫人が一緒だったのでもう少し看てあげれば良かったかも知れない。ちょっと反省。

トラバ先:http://kishidan.livedoor.jp/archives/2006-02.html#20060213