なんちゃって課長日記

自殺した父、認知症の母、社会的入院中の妹を持つ介護離職者の生活とその周辺

ゆれる(2006,日本)




シネリーブル梅田で鑑賞。

オダギリジョー演じる弟と、香川照之演じる兄の記憶と思い込みと思い出しが交錯して事実は一体どうだったのか俺にはよく判らなかった。肝心なところは良くわからないんだけど、オダギリのこれまで無かったシリアスな演技と香川の円熟の域に入った演技で、兄弟の光と闇、表と裏、駆け引きと探り合いが興味深い。ラストで香川がオダギリを見つけてニコっと笑うのも、いくつもの意味が考えられてなんとも良くわからん。来週あたりもう一度観に行きます。

映画『 ゆれる 』公式サイト