なんちゃって課長日記

自殺した父、認知症の母、社会的入院中の妹を持つ介護離職者の生活とその周辺

ええじゃないか

甲府から路線バスで極東NEVERLANDへ。 最新のジェットコースター、ええじゃないかの列に直行すると2時間10分待ちだったので、GIGまでの時間つぶしには丁度よい。でも、待っている事よりも列に並んでいる間中ず〜っとええじゃないかのテーマソングを聴かされる事の方が苦痛である。『♪ええじゃないかええじゃないか(間)ええじゃないかええじゃないか(間)』の繰り返し。(間)に『ヨイヨイヨイヨイ』と入れたくなるのだが、(間)がそれにはちょっと短いのである。このノリキレない音楽を2時間強聴かされてストレスが貯まる。

ようやく順番がきて乗り込む。後ろ向きでスタート、最初の阪を上る前にくるりんと一回転。これはポケットから出し忘れた物をここで落としてしまう目的だろう。後ろ向きのまま阪を登り、最初の降下で急に前向きになり地面が迫ってくる。。。あとはグチャグチャ&グルグル。気が付くと終わっていた。怖かった。俺はこの手の乗り物は安全が確保されているので機械に身を任せていれば大丈夫で何も怖くない思っている。安心して浮遊感やスピード、落下Gを楽しめるので大好きである。 ええじゃないかももちろん強固なテクノロジーに守られた安全なジェットコースターである。でも怖かった。もう乗りたくない。思い出したくない。裏返せばそれだけスゴいジェットコースターと云える。