なんちゃって課長日記

自殺した父、認知症の母、社会的入院中の妹を持つ介護離職者の生活とその周辺

手紙(2006,日本)




布施ラインシネマで鑑賞。

役者さんの演技には穴が無いのに、シナリオがシックリ来ない。
山田孝之風間杜夫に手切れ金を渡すから娘の吹石一恵と別れてくれと云われて、一旦は『金なんか欲しくない』って云っておきながら、最終的には金をつかんで病室を出て行く。この後でもう一度この事に触れるのかと思っていたら、その後すんなり沢尻エリカと結婚なんて、なんだかとってもお金に卑しいだけのように映る。もっと納得できる心理描写が欲しい。
沢尻エリカの出演作(映画とTVドラマ)は故意に観るのを避けていました。俺にとって彼女は氣志團のシークレットラブストーリーのPVのヒロインである水谷さんイメージが鮮烈で忘れ難く、最近になって彼女が有名になってきたのは嬉し&寂しいで、それと同時に悪い評判も聞こえてきたので、なんだか成長した彼女を観るのが怖かったのです。 この映画は俺にとって何年ぶりかの再会だったわけですが、彼女の演技とても良かったです。ただし、あの関西弁は。。。架空の地域の方言だと好意的に解釈しておきます。
はじめて学ぶ行政書士の独学勉強法