なんちゃって課長日記

自殺した父、認知症の母、社会的入院中の妹を持つ介護離職者の生活とその周辺

机のなかみ (2007,日本)


第七藝術劇場で鑑賞。(プロジェクター上映)
年間ベスト候補作品です。
実は始まってすぐに『えっ、プロジェクター上映のなのかよ〜。そうと判っていたら見なかったのに。。。』と思ってしまいました。これからはこの偏見を改めます。
前半はあべこうじ演じる主人公のコミカルな絶妙演技に驚く。お笑いの人らしいけど俳優業も本格的に活動してほしい。
映写トラブルの演出で一気に緊張感が高まり後半に突入。友だちの恋人に思いを寄せる鈴木美生演じるヒロイン望の内面を静かに可愛らしい表情に映し出す。高3の男女3人による切なくて残酷な愛情と憎しみのドラマ。それと交互に描かれる主人公と、踊子あり演じる同棲相手との別れのシーン。 心が震えました。
人はあまりにも無自覚に人を好きになり、その思いと同じ大きさの刃で相手を斬り付けた後に全てを失ってしまった事に気付くのだろう。か。
【武蔵村山市で借金相談】借金返済の無料相談/弁護士・司法書士