なんちゃって課長日記

自殺した父、認知症の母、社会的入院中の妹を持つ介護離職者の生活とその周辺

財布紛失

バイト先に着いてリュックを降ろすと、いつも財布を入れているファスナー付きのポケットが全開になっている。ポケットを探ってみるが財布が無い。リュック全体を調べてみたが無い。この時点でもう頭の中が真っ白になる。
席について一息つき落ち着いて、財布の中に入っていたものを思い出してみる。 現金数千円、キャッシュカード、クレカ、電子マネー、定期、免許証。もし出て来なければ被害額は5万円強になる。取り乱す程の額ではない事に気づくと、落とした場所について考えてみた。 最後に財布を出したのは日本橋近鉄から大阪市営地下鉄に乗り換える時で改札と改札の間で、落としたとすればここが一番可能性が高い。昼休みに駅に電話することにし、仕事に掛かる。
その前に、もう一度リュックを調べてみた。いつものポケットから財布が出て来た。
『探し物は最初に調べた場所にある、ただし1回目には見つからない。』私の好きな言葉です。