なんちゃって課長日記

社会的入院中の妹を持つ無業者の生活とその周辺

脳男 (2013,日本)


TOHOシネマズなんば、スクリーン2で鑑賞。
感情と人間性がテーマ。ターゲットの客層を考えると説明が不可欠なのだが、伏線となるエアシューターに序盤で触れ過ぎ。と云うか、現代的な大病院にエアシューターと云う前時代的な物が出た瞬間に伏線と判ってしまいますよね。染谷将太の母親役に山崎ハコが出て来てちょっとびっくり、『ヘヴンズストーリー』以来だろうか。敵役の二階堂ふみが好演。
PCゲームをするにあたってグラフィックボードを買うならお勧めは?