なんちゃって課長日記

自殺した父、認知症の母、社会的入院中の妹を持つ介護離職者の生活とその周辺

大阪環状線玉造駅で男性の乗客が倒れる。

私はその時イヤホンで英会話教材を聴いていたので気付くのに遅れたのですが、電車が動かないのと周囲の乗客の様子で急病人と判ったので、ホームに降りてみると隣の車両のドア付近に人集りが出来ていた。おそらく医療関係者と思しき乗客の女性が声掛けが続き、男性による心臓マッサージが始まっていて救急車とAEDも手配されていた模様。自発呼吸が戻り接続したAEDもショック不要と判断、他の男性客達が名刺と携帯をチェックして家族に連絡するなど、見知らぬ人同士でもそれぞれが役割りを果たしいい感じの連携出来ていた。現場でリードしていたお姉さん、グッジョブ!
私自身は心臓マッサージの交代要員で出番があるかと思ったのだが、電車が動かず苛立ってまだ倒れたままの病人に暴言吐いている酔客が現れたので、その酔っ払いをなだめて現場から剥がす事くらいしか役目はありませんでした。w