なんちゃって課長日記

自殺した父、認知症の母、社会的入院中の妹を持つ介護離職者の生活とその周辺

面会

  • 差し入れ
    • カラマンダリン(3個パックを持って行くが一つも食べず)
    • ティッシュ(1箱持って行くが、これも受け取らず)

面会の前に前日に電話のあった相談員と打ち合わせ。
面談室に入り話を始めてしばらくすると、女性の患者さんが10分くらい大声で何かを訴えているのが聞こえてくる。打ち合わせも終わろうかとしたところで、面談室に妹が入ってきて「Tさん(←叫んでいた女性の)に出て行けって言われた、だから今日で退院する」と相談員に言った。その後は興奮した様子で「今から(私と)一緒に家に帰る」の一点張りで、持って来た差し入れも受け取らない。        
打ち合わせで、医師から院内外出の許可が出ていると聞いたので、今日はいつもの狭い面談室では無く、二人で1階の売店で飲み物でも買って、ロビーや庭を歩いて短時間でも外の空気が吸えるなぁ、と思っていたのですがこの状態ではまず脱走間違いなしなので今回は諦める。
あと、右の小指を怪我していたようなので看護師に聞いたところ、自分で爪を切って深爪したである。看護師から「今後は爪切りを貸し出さず、私たちの方で切ります」と説明される。
そういえば妹の爪はいつも父が切っていた。