なんちゃって課長日記

自殺した父、認知症の母、社会的入院中の妹を持つ介護離職者の生活とその周辺

一目惚れ

2〜3年に一度の割合で一目惚れしてしまう女性と行き交う事があるのですが、今日がその日でした。
朝、乗り換えた電車の中にその人はいました。濃紺に白のストライプのカジュアルなパンツスーツ、ベリーショート、真鍋かおりさんに似たスラッとした30代中盤の美人。同じ駅で降りて別々の出口へ、しばらく歩いていて角を曲がると偶然彼女が別方向から歩いてきて、その角から私と同じ方向に歩き出す。私はいつもの電車でいつものルートなので、彼女は今日だけ私の目の前に現れたのだと思う。