なんちゃって課長日記

自殺した父、認知症の母、社会的入院中の妹を持つ介護離職者の生活とその周辺

面会、8度目の隔離

詰所に通されると看護師より一昨日あたりから夜も寝れずに暴れ始めて、今朝から隔離されている事を告げられる。と、そこに土曜日は休みのはずの担当医のT医師が今日はたまたまいて、次の事を知らさせる。

  • 少し前に血液検査で鉄分が不足していて、これがキレる原因だと考え、薬で鉄分を補給。
  • その後の血液検査で鉄分の数値は上がり、落ち着いて来たので効果ありと思われた。
  • しかし、それでもまたキレるで別の原因と対策を探している。
  • 最近、キレる周期が短くなって来ている。

T医師と直接会うのは入院の時以来で、その数ヶ月後に電話で話したきりでした。それと医師が『キレる』と云う表現を使うのが印象的だった。
個室に通されると、妹はベッドに横になっていたが私が差し入れを食べるように促すとベッドに座り直して、食べながらも「家に帰るんじゃー!」と大声で怒鳴り続けた。
私は心に蓋をして「そやな」(←関西弁で「そうですね」の意)と受け流していると、怒鳴っている内容が変わっている事に気が付いた。「タイトーエックスゴーゴー!」それは昔我が家にあった通信カラオケの機種名、TAITO X-55 だった。
次回の面会ではこっそりカラオケの準備をしようかと思う。