なんちゃって課長日記

自殺した父、認知症の母、社会的入院中の妹を持つ介護離職者の生活とその周辺

台風21号

朝、母を通所デイのバスまで送ってそのままにイオンに食料品を買い出しに行くと普段この時間は閑散としているのに、今日はそこそこ混雑している。
帰宅後、雨戸を閉めたり簾を外したりシーサーを屋内に避難させたり諸々準備。この夏で庭の植木鉢類を全て撤去したので以前に比べると作業はだいぶ楽になった。
雨と風が強くなって来たので、HDDに撮り貯めていた映画『スノーデン』『新幹線大爆破』を観ながら台風をやり過ごす。
暴風圏から抜けた 15:30,大体いつもの時間で母がスタッフに送られて通所デイから帰ってくる。ベランダからご近所の様子を伺うと屋根や外壁が剥がれている。拙宅は特に問題なかったが、ご近所から飛んで来たと思われるポリカーボネートの波板の破片と木の板が庭に落ちていた。
17:40、町会長から電話が入る。近くの交差点で屋根瓦散乱しているので片付けを手伝って欲しいとのこと。すぐに駆けつけるとご近所のみなさんも集まってきて、まずは車道、歩道、交差点に散乱していた瓦、一緒に剥がれたと思われる防水シートの破片を拾い集めるが、車も走っているので作業はスムースには行かない。それでもなんとか協力して、その交差点付近を中心に後片付けを終える。ご近所さんの中には瓦が飛んできて車のフロントガラスが粉々になったという話も聞いた。