なんちゃって課長日記

自殺した父、認知症の母、社会的入院中の妹を持つ介護離職者の生活とその周辺

母が『砂の器』を観たいと言う

夕食の後片付けが終わり、メルカリに出品する映画のDVDをテーブルに積んで作業していると、母がその中の『砂の器』(1974、野村芳太郎)を見つけて観たいと言いだす。母はあまり映画を見ないので不思議に思いながらも、プレーヤーにセットすると普段寝る時間を過ぎても最後まで観ていた。