なんちゃって課長日記

自殺した父、認知症の母、社会的入院中の妹を持つ介護離職者の生活とその周辺

一期一会.小銭と3万円の男女

スパワールドから近鉄日本橋駅まで約2キロの距離を徒歩で移動中、突然ビルの陰からチャリンチャリンと小銭が転がってきた。転がってきた方を見るとうずくまっている30代の女性と、彼女の前に立っている40代の男性、そして3万円が彼女の足元に落ちていた。私は何も見聞きしてはいないが、口論の末に彼が彼女にお金を投げ付けたように感じた。
小銭を拾っている私に気付いたのか、彼は彼女から離れて少し距離を取った。
拾った小銭をうずくまったままの彼女に渡しながら「何かトラブルですか?大丈夫ですか?」と尋ねると「いえ、大丈夫です」とカタコトの日本語で返事してくれた。