なんちゃって課長日記

自殺した父、認知症の母、社会的入院中の妹を持つ介護離職者の生活とその周辺

App.DiDiを初めて使う

妹との面会後病院から大きめの段ボール箱を家まで運ぶのにタクシーを呼ぶため、DiDiを初めて使ってみた。アプリ自体は以前インストールしていたので、ロビーで決済用のクレジットカードの情報を入れ、目的地を入力、最後に地図上の自分の現在位置が正しい事を確認して call する。10秒程度で配車されたタクシーの車番とドラバーさんの名前、到着までの予測時間が分単位で表示される。待っている間、ドライバーさんにメッセージを送る事が出来るので念の為「〇〇病院正面玄関にお願いします」と送る。地図上にタクシーが刻々と近づいてくる様子が見えるのは、待ち時間にイライラする事なく気分が良い。
程なくタクシーが到着、乗車してからドライバーさんとDiDiの使い勝手について話しながら運転してもらう。ドライバーさんにも好評なようだが一点だけ改善して欲しいのは、一方通行の多い大阪市内では進行方向にいるお客さんだけに呼び出されるようにして欲しい、との事。
客側としては、前述の待っている間のイライラがないと云う事の次に大きなメリットとして、クレジットカード決済では車内での会計に煩わされる事がなく、到着したらそのまま降車出来る事である。