なんちゃって課長日記

自殺した父、認知症の母、社会的入院中の妹を持つ介護離職者の生活とその周辺

一期一会.郵便局で現金で高額出金しようとした高齢女性

郵便局で母と妹の福祉定期の手続きを待っている間、高齢女性が窓口で何かしら手続きをしようとしていた。
ところが対応していた男性行員となにやら揉めだす。漏れ聞こえてきたところによると、高額な定期預金(定額預金かも?)を解約して現金で持ち帰ろうとした際に行員から使い道を聞かれたが、それに対して答えなかったらしく、特殊詐欺を警戒した行員から『警察官立ち会いの元で…』と言うパワーワードが出てくる。警察沙汰になると面倒なので…、と云う感じでその女性はすぐに「それじゃ、話します」と行員に使い道を話し始めたのだが、『孫のために』『振り込みではなく現金で』と云うキラーワードが聞こえてきたので、行員は出金の手続きを進める(そぶりを見せただけかも知れない)と同時に警察にも通報したようである。最初その高齢女性は一人でカウンター前に立って説明していたのだが、途中からロビーで待っていた連れの中年の女性も加わる。途中で警官がこちらに向かっている事を知った高齢女性は『振込にしますから…』と言っていたが、そうこうしているうちにやって来た二人の警察官に中年女性は外へ、高齢女性はロビーで別々に促されるが、『他に人に聞かれたくない』と言う事で二人とも外で事情聴取となる。

私達の用事が終わって外に出ようとしたところに丁度高齢女性が戻ってきて、入り口付近で見守っていた男性行員に激昂して『気分悪いから、もう全部解約するわ!』と言い捨てていた。

実際事件性があったのかどうかは判らないが、垣間見えた彼女の言動、行員と警察官への接し方から、案外家族の前で札束を積み上げてドヤ顔したかっただけなのかも知れない。