なんちゃって課長日記

自殺した父、認知症の母、社会的入院中の妹を持つ介護離職者の生活とその周辺

午前中、M田部長が来てファイナルアンサーを受け取ってもらう。

直後にM下所長、R課長を交えて俺のお客様を誰に引き継ぐかを確認。

事前に現場レベルで割り当ては決まっていたはずだったが、R課長が。。。

「堺のお客様の仕事はU山とU羽で行く」

U羽への引継ぎ&トレーニングは始まっているが、U山投入は初耳だった。



その後で、M下所長に残ってもらって

「堺のお客様の仕事、R課長やりたくないと思ってたんですけど。 それにU山にさせると彼の負担が大き過ぎるんですが。。。」

「R課長な、3月の時点では、『俺の課では出来ないって』言ってて、今朝になって『あれは3月時点でのことですから』、って言いよってん。だとしたら5月になったらまた別の事を言いよるかも知れへん、そんなんやったら困るねん」

「U山は他のお客様もあるし、技術的にもミスマッチだから、俺と同じ事になりますよ」

「でもR課長言い出したら聞けへんからなぁ。 外堀から固めて行くか」



やれやれ