なんちゃって課長日記

自殺した父、認知症の母、社会的入院中の妹を持つ介護離職者の生活とその周辺

僕は妹に恋をする(2006,日本)


MOVIX八尾スクリーン11で鑑賞。
年間ベスト候補作品です。
『この世の中にヨリと私だけしかいないみたい』榮愈奈々演じるイクのこの台詞のとおりの映画だ。手持ちカメラの揺れる画での長回し、耳障りなレベルの環境音、廃墟のような学校と寒々とした風景、松本潤演じるヨリのクサい演技。一つ一つはマイナスなのに、それら全部が計算されていたわけで、気が付くと作り手の思惑通りに心を持って行かれていた。
平岡裕太演じるヤノが実はヨリが好きだったと解るシーンも、切なくていい。近親相姦ものだが、倫理的嫌悪感を感じさせないのは榮愈奈々の清純で無垢なキャラクターに因るところが大きい。
二人が愛し合ったまま、幸せなまま、ここで映画を終わりにしてと心に願う。それでも、許されない愛を諦めてラストを迎える。俺の願いは多分日本の映倫が許さないんだろうな。
http://www.bokuimo-themovie.com/