なんちゃって課長日記

自殺した父、認知症の母、社会的入院中の妹を持つ介護離職者の生活とその周辺

ぼくの大切なともだち (2006,フランス)


テアトル梅田、スクリーン2で鑑賞。
納得できないのは、頼まれたからとは云え、ブリュノが保険金詐欺の片棒を担いでしまう事だ。このあたりは国民性の違いなのだろうか?
劇中TV番組であるクイズ・ミリオネア(フランス版)で、最終問題でライフラインのテレフォンでブリュノがフランソワと和解するシーンは良かったです。
http://www.wisepolicy.com/mon_meilleur_ami/