なんちゃって課長日記

自殺した父、認知症の母、社会的入院中の妹を持つ介護離職者の生活とその周辺

パリ20区、僕たちのクラス (2008,フランス)


テアトル梅田、スクリーン1で鑑賞。
レイマンがクンバを怪我させてしまうのは過失だが、フランソワがクンバとエスメラルダを娼婦呼ばわりしてしまったのは明らかに大人気ない。スレイマンが退学となった後のクラスが、手のひらを返したように統制されているのを見て、背筋に冷たいものを感じた。普段は温厚なフランソワのストレスが高まり、黙って椅子を蹴り上げるシーンは地味ながら良かった。
映画「パリ20区、僕たちのクラス」-オフィシャルサイト