なんちゃって課長日記

自殺した父、認知症の母、社会的入院中の妹を持つ介護離職者の生活とその周辺

母.下顎骨折.口腔外科受診(5).上顎の炎症

今回はCT撮影の前に口内を診察してもらうと、脱走事件での下顎骨折の手術と同時に抜歯しした2本の上右前歯の歯茎が炎症し膿が出ていると云う事でその処置と同時にそれを病理検査に回される。
一旦診察室を出てCT撮影、再度診察室で検査結果を交えて説明を聞く。まず、骨折した下顎の接合についてはもう問題なく、今すぐにでもプレートの除去手術をしてもよい。ただ、今回見つかった歯茎の炎症が上顎骨に達していて、これについても手術が必要である。それにはボナロン*1を止めて2ヶ月経過しないといけないとの事で、この条件から手術が可能になるのは8月16日以降となる。
抗菌剤、鎮痛剤、整腸剤を処方され、次回の診察は2週間後に診察。
また、しばらくは上歯部分入れ歯は使用不可となり、その間は流動食、お粥や豆腐などしか食べられなくなる。

3月で退職されたF医師に代わり、今回よりM医師が新たに担当医となる。

*1:骨粗鬆症治療薬