なんちゃって課長日記

自殺した父、認知症の母、社会的入院中の妹を持つ介護離職者の生活とその周辺

スパワールドの通天閣側の階段を降りたところ → スパワールド入り口、30代東アジア系男性

スパワールドを出て階段を下りたところで背後から「困ったなぁ、英語わからへんし。。。」という声が聞こえたので振り向いてみると、その彼に英語で話しかけられてちょっと困っている様子の40代の日本人男性と目が合った。私が近づいて行って話を聞いてみると、彼は目の前の建物がスパワールドであることは判っていたようだが、どこから入るのか分からないらしい。そこで私が下りてきた階段を上がって左側に入り口がある事を教えてあげたのだが、彼はそこに行ってみたが閉まっていたと言うので、連れて行ってあげることにした。自動販売機でチケットを買うときに彼は11時まで居たいのだが深夜料金が掛かるのかどうかを聞いてきたので、それは12時から掛かることを説明する。その後、入館カウンターで英語のわかるスタッフさんに彼の事をお願いして私は彼に別れを告げて帰ろうとすると、先ほどの日本人も入るところだった。彼とも笑顔を交わして別れたが、もしかすると二人は中で再会したかもしれない。