なんちゃって課長日記

自殺した父、認知症の母、社会的入院中の妹を持つ介護離職者の生活とその周辺

母.認知症.妹.病気.健康.体調.仕事.お金.家計と生活.節制中飲食物摂取記録. 2021年、特記事項

総論

8月に母のデイサービス出禁をきっかけに認知症デイケアへ乗り換えたことから、生活が大きく変化していく。

個別カテゴリ

  • 仕事
    • なし。
      • 求職活動、受注活動もなし。
  • 体調上の問題点
    • 糖尿病
      • 人間ドックで発覚、2ヶ月おきにHbA1cを観察中。
    • 肝脂肪
      • 人間ドックで発覚、放置。
    • 腱鞘炎
      • 7月に左肘の違和感から始まり徐々に痛み始める。
      • 12月に整形外科を受診し腱鞘炎と診断される。
  • 体重
    • 最高:75.4Kg(11/09, 12/15)
    • 最低:69.4kg(06/19)
    • 年間平均:72.5 (対前年比:+1.4Kg)
    • 12月平均:74.4Kg (同:+2.0kg)
  • 節制中飲食物摂取、年間サマリー
年度 米飯 米菓 米粉製品 ラーメン バイキング
2012 7 3 1 3
2013 10 2 0 5 15
2014 33 4 0 26 15
2015 25 2 0 24 21
2016 21 5 1 31 10
2017 54 4 3 18 7
2018 38 10 1 21 11
2019 30 7 0 25 43
2020 36 9 0 52 23
2021 47 5 0 60 28

後半は一人で外食する機会が増え、週1でバイキングで炒飯を食べる習慣が付く。

    • 年間を通して売り買いはそれぞれ1回ずつ。
    • 年末時点での株式口座評価額はおよそ+18万円。(昨年度比:+99万円)
  • その他
    • 20代前半から公私のスケジュール管理をシステム手帳で行って来たがそれを止め、Googleカレンダーに移行する。
      • 補助的に介護ルームの紙のカレンダーも併用。

2016年3月からの精神科病院医療保護入院を継続中。

  • 病状
    • 昨年同様安定していて、大きな問題、変化はない。
    • COVID-19対作でガラス越し面会では一方的に言いたい事を言って、すぐに立ち去るようになる。

認知症患者と言うよりも『廃人』と云う印象が強くなる。

認知症

春〜夏で認知症の進行がもう一段階進んだように思われる。

  • 転倒記録
日付 場所 原因 転倒方向 負傷
2021.01.27 ショートステイ バッテリー切れ。早朝まで施設内徘徊後。 尻餅転倒 無し
2021.02.05 自宅介護室西側ドア 足元不注意。自分で手放したスティック型掃除機につまずく 無し
2021.02.05 歩行訓練中 バランス喪失。前方からの車を避けるため路側に誘導しようと手を引いたところバランスを崩す。 尻餅転倒。手を持ったままなのでゆっくりと路上に座らせる 無し
2021.04.25 自宅トイレ前 バッテリー切れ。そっくりかえる体制でターン時にバランスを崩す。 後ろ向きに倒れるが、トイレのドアにもたれながら崩れ落ちる 無し
2021.04.29 自宅介護ベッドと家具の隙間 疲労 ベッドに座るつもりが何もないところに腰を下ろしてしまい尻餅転倒 無し
2021.05.19 トイレ 介護エラー、便座の端に座っていたので座り直させようと脚を持ち上げる。 上半身ごと右後ろに倒れ壁に右側頭部をぶつける 無し
2021.05.21 タクシー 介護エラー、乗車時に奥のシートに移動させようとして腰を横から押し込む 上半身ごと右側に倒れドアに頭をぶつける 無し
2021.06.04 自宅介護室西側ドア バッテリー切れ。 頭をドア側に左側面 無し
2021.07.03 トイレ前廊下 介護エラー、トイレから出そうとして手を引っ張り反動で反対側に降り出す 右側面 無し
2021.07.05 トイレ内 介護エラー、トイレ前で放尿間際のところを抱き抱えてトイレに入れようとするが、抵抗されて腕をすり抜ける 仰向け 無し
2021.08.04 自宅介護室西側ドア バッテリー切れ 左側面をベッド天板にもたれる形で尻餅 無し
2021.08.21 自宅介護室 バッテリー切れ よろけたところでテーブル前の扇風機に掴まるがそのまま倒れるが、先にテーブルに顎を打ち付ける、うつ伏せ 顔中切り傷だらけで出血あり、救急搬送する
2021.09.19 自宅介護室西側ドア バッテリー切れ、早朝 仰向け 後頭部にたんこぶ
2021.09.21 自宅介護室西側ドア バッテリー切れ、就寝前 右側からうつ伏せ 無し
2021.09.23 自宅介護室 ワゴンのキャスターに足を引っ掛ける うつ伏せ 無し
2021.10.01 自宅玄関アプローチ 手すりのキャップがすっぽ抜け 尻餅転倒 無し
2021.10.20 自宅介護室 バッテリー切れ、夕方 転倒方向 左顎裂傷、失神
2021.10.26 自宅介護室 深夜、寝ぼけ&スリッパ不完全履き 左側 無し
2021.11.06 自宅介護室 早朝、恐らくバッテリー切れ 不明 無し
2021.11.16 ベッドから転落 開閉式スイングアーム介助バー閉め忘れ 頭部から転落 下唇裂傷
2021.11.17 自宅玄関 トイレ前でターン時にバランス喪失 壁に手をつきながら右斜め方向にうつ伏せ 無し
2021.11.21 自宅介護室 椅子から立ち上がる際にテーブルの脚に足を取られる うつ伏せ 無し
  • 徘徊
    • 一人で外出させることは無くなり、行方不明もなくなった。
  • 常同行動
    • ベッドとトイレ前を往復する『不穏な御百度参り』
      • バッテリーが切れ、転倒と云うパターンが増えるが、立ち歩きの制限で封じ込めに成功。
    • ベッドや椅子に座っている時に体を前後に揺らす『ロッキング(rocking)』が現れる。
  • 記憶
    • 昨年と大差なし。と言うか、残っている記憶がないように思える。
  • 言語能力
    • 言葉を発することが少なくなる。
  • 食事
    • 箸、スプーンを使って口に運ぶ事が出来なくなる。
    • 自分でコップを持って飲み物を飲む事はできる。
  • 排泄
    • 排尿後にトイレットペーパーで拭く事が出来なくなる。
    • 自分から便意を伝える事が出来なくなる。
      • 便意を感じられなくなっている可能性あり。
    • 起床直後の坐薬使用と、90〜120分間隔の定期的なトイレ誘導による計画的な排泄を実施。
      • 想定外の軟便大失禁するようになる。週1回位の頻度、17~19時の夕食前。未確認だが、自宅で昼食を摂った日で、ベッドの端に腰掛けてロッキングするのと関係しているような気がする。
口腔外科の疾患
  • 下顎骨折(2020年8月受傷)
    • 予定通り8月にプレート除去手術をし完治する。
    • 薬剤性顎骨壊死
    • 慢性硬膜下血腫(現在は寛解状態)
  • 薬剤性顎骨壊死(上顎)
    • 6月に下顎骨折の診察時に見つかる。
    • 8月の下顎骨折プレート除去と同時に手術。
    • 2023年まで、2〜3ヶ月おきに受診し経過観察。
その他の疾患
  • 心肺機能の低下が顕著になり、外出時の歩行可能時間、距離は短くなる。
  • 慢性硬膜下血腫
    • 3月に上顎骨壊死のCT撮影した際に頭部右側に写り込んでいたのを技師に見つけてもらう。
    • 8月に寛解状態となり治療終了
  • 二段脈
    • 時々脈が飛ぶらしい。
介護サービス

カタチは様々だが、立ち歩きによる転倒リスクでデイサービスが出禁になる。代わって認知症デイケアに通い始める。そのために諸々介護サービス事業者が変更になる。

虐待案件訪問調査
  • 調査担当者変更
    • 虐待案件訪問調査が地域包括支援センターによる3ヶ月に一度から、基幹型包括支援センターに引き継がれ、頻度も月1度になる。

世帯

  • 家計と生活
    • 私の仕事による収入はゼロ。
    • 私の貯金と母の年金で家計を賄っている。
    • 妹の医療費は妹自身の負担に切り替える。(引き落とし口座を妹のものに変更)
  • 家屋の修繕
    • 玄関アプローチ、リフォーム
      • 手摺設置
      • 門扉撤去
      • 北側植栽エリアをコンクリート打ち
    • 浴室、リフォーム
      • パネル工法