なんちゃって課長日記

自殺した父、認知症の母、社会的入院中の妹を持つ介護離職者の生活とその周辺

母.認知症.虐待案件訪問調査

基幹型包括よりY野氏、N田氏、地域包括支援センターよりS田保健師の3名で来訪。1時間程。

  • 議事要約
    • 右顳顬の怪我
      • 『不穏なチェア・クランチ』*1中に反動でベッドから転倒し、左顳顬を床に打ちつけて擦りむく。
    • 食事中の椅子と左手の固定
      • 前回から変化なし。
      • 食事時間も変化なし。
    • かんたき
      • 前回、情報提供のあった『看護小規模多機能型居宅介護』を私の方で検討するが、利用には『かんたき』のケアマネに変えなければならないとう云う点がネックである。
      • 現在のO橋ケアマネが引退するまでは変更する意思はない。
    • 最近の脳の検査
      • 2021.08.06 CT撮影、脳外科で慢性硬膜下血腫*2の診察前。
    • A特養*3ショートステイ
      • これまでは、他の利用者の部屋に勝手に侵入する可能性があることから利用NGだったが、現在ではそれがないので利用OK。
      • 今年の私の人間ドックの日*4で利用をする方向で、S田保健師よりショート担当者に話を通して頂く。
    • 浴室リニューアル
      • 主に追加された手すりとシャワーフックで、母のシャワー浴の手順を説明。(現場にて)
      • 見た目には良い感じなのだが、床をグレーの大理石風の模様にしたのは失敗だった。
        • 母の大便失禁の処置を浴室でするとき、排水溝に流しきれずに残ったうんこのかけらが見つけにくい。
        • その観点から床材は白にするべきだった。
    • 臀部褥瘡有無の確認
      • 『不穏なチェア・クランチ』で臀部に褥瘡の可能性を示唆される。
      • 実際に臀部、肛門周囲等を確認してしたところ褥瘡はなかった。
      • 但し、以前からある肛門左上の傷は残っている事を出席者で確認する。
  • 雑談要約
    • 病気自慢
      • S田保健師:喘息で肋骨が痛い
      • 私:腱鞘炎で仕事用のエルゴノミクスキーボードを使い始めた
    • お節料理はやめました
      • 母はもう微妙な味覚が分からなくなってきているので、今年からお節料理を作るのを止めました。
  • 名言
    • 母が死んだ後、私が一人でこの家で暮らしていたら「あいつ日和やがたったな」と思ってください。
  • 次回予定:2月22日(火)11時

*1:以後、体を前後に揺らす常同行動を『不穏なチェア・クランチ』と記す。但しこの表記は私がこのエントリ作成中に命名したので、調査参加者とは共有されていない。

*2:寛解状態

*3:S田保険氏の所属法人が運営

*4:例年5月に決定