なんちゃって課長日記

社会的入院中の妹を持つ無業者の生活とその周辺

終活.家事.屋根裏部屋整理.2022冬

11月に入ってから1F,2F,屋根裏部屋で埃を被っているの値の付きそうな不用品をセカンドストリートに売却し、並行して屋根裏部屋の整理をする事が習慣づいてきた。
11月初旬、中旬は母をデイへ送り出したら私もセカストに大荷物を担いで通っていたが、下旬に入ると持って行くものがなくなる。屋根裏部屋からのゴミも、可燃ゴミ、複雑ゴミ、埋め立てゴミ、段ボールと回収タイミングに合わせてパッキング、排出と順調に進んでいたのだが、可燃ゴミの回収日に毎回ゴミ集積所に20袋近く出していたのが問題になったらしく回収NGとなる。一度は町会長が市役所に電話して回収車に来てもらったのだが、昨日も回収NGとなり、今度は流石に町会長に怒られて家まで持ち帰った。今後は3ヶ所の集積所に3袋ずつ分散して排出してみようと思う。

屋根裏部屋の整理は今も続いていて、基本的には隔日で入浴前に2時間か4時間。この調子ならば来春までには全ての物を2Fまでは降ろせそうである。
出来るだけ通常のゴミとして排出したいが、粗大ゴミも多数あるので、これらは家具等と一緒に業者にお願いする事になる。2023年中にはそこまで片付けたいのだが、それまで私のモチベーションが保つかどうかである。今はまだ良い習慣が続いているが、2月になればウィンター・ブルーでそれが途切れてしまうのは目に見えている。
しかし、ゴールはまだ見えない。