なんちゃって課長日記

自殺した父、認知症の母、社会的入院中の妹を持つ介護離職者の生活とその周辺

母.認知症.不穏.テレビ消して、電気消して、全部消して!

火曜日、通所デイの後、母はF子叔母様が預かってくれる事になっている。
21:30、私はいつものように母を迎えに行き、諸々寝る前のルーティンをこなす。
22:00、介護ルーム消灯、就寝させる。私は2Fの自室でWebカメラで母の様子を見ながら作業していると、母は起き出して家の中を徘徊しながら、「テレビ消して」と言っている。しばらくそのまま様子を見ていたが、落ち着く様子がなかったので一旦介護ルームに戻り、母をなだめてベッドに寝かせる。がすぐに起き出して「テレビ消して、電気消して、全部消して!」と大声で喚き出す。「テレビも電気も全部消してるよ、どこのテレビがついてるの?」と聞くと「何も点いてないやん、だからテレビ消して!」と云った感じで無茶苦茶である。念のため足元灯、家電や時計がわりのiPad, IoT機器類のLED、窓の外のほの灯り、キッチンのガラス戸を通して見える外灯など目に入る明るい物を電源を切ったり、雨戸*1を閉めたり、ガラス戸をヨガマットで遮光したりしてみたが、母はやはり「テレビ消して、電気消して、全部消して!」と私に訴えるばかり。その声もだんだんと大きくなって来て、普段物静かな母からは想像できないような大声になっていった。
23:30、『テレビ』は母の頭の中にあるのだと理解して作戦を変更。照明を点けて実際のテレビを見る。三月下旬の不穏では、効果があったのだがこれで1時間ほど続けるが今回は全く効果なし、ベッドに横になっても数秒で起き上がってくる。
01:00、YouTubeで安眠系BGMを試したり、一旦全部消して、私は椅子に座ったまま寝たふりと云うか寝落ちしそうになっているのだが、母の興奮状態は一向に治らない。ただ、寝たふりを始めた午前2時あたりから訴えている内容が「危ないよ、本当に危ないからやめて! 怖い。。。」と言うように変わってきた。何が危ないのか、私が何か危ない事をしているように見えるのか、それすらわからない。
03:00、Al Jazeera English *2に切り替えると、なぜか大人しくなり黙ってベッドから画面を見ている。起き上がっては来なくなった。
03:30、気づくと母は画面に背を向けて眠っていたようなので音を小さくして私も椅子から床に敷いたヨガマットで横になる。
04:15、目が覚めると母は寝たままだったのでテレビを消して、2Fの寝室で寝る。

www.aljazeera.com


先週は私の至らなさから母を負傷させてしまった反省もあり、今回は何度も深呼吸してはイライラを抑え込んで冷静に対応できたと思う。
それにしても母の頭の中の『テレビ』ではどんな番組をやっているのだろう。母に誰が出ていてどんな事をしているのか聞いても「知らん!」と言われる、もしかるとそれはテレビではない可能性もある。

*1:台風の時にしか閉めた記憶がない

*2:カタールのニュース専門局の英語放送、BBCやCNNに比べるとアジア人の私には聞き取りやすい、 介護ルームのテレビでは Fire Stick TV のアプリで視聴