なんちゃって課長日記

自殺した父、認知症の母、社会的入院中の妹を持つ介護離職者の生活とその周辺

母.介護.通所デイサービスからマイルドに出禁になる

前日に通所デイのA氏より電話があり「(母を)デイサービスでお世話するのが難しくなってきていまして、一度お話しに伺いたく。」と云う事で、今朝来て頂く事になる。
電話で前振りがあったように今までお世話になっていた通所デイでは母の認知症の症状では安全面での対応が困難になってきているとの事で丁寧な説明を受ける。

  • ポイントは次の通り
    • 昼食後に脱走を企てようとする徘徊が激しく、その時間帯はスタッフの昼休憩になるため見守りが手薄になる。
    • COVID-19感染防止対策の換気のため、建物の出入り口が常時開いていて、人の出入りにスタッフが気付けない事もある。
    • 母の歩く速度が速くなっている。
    • これらにより2020年8月の脱走事件と同等の事案が発生する可能性が高くなった。

母自身の気持ちとしてはその通所デイが気に入ってるようなので、在宅介護をしている間は継続して利用していきたいと考えていたので残念だが、今回率直に母自身と施設側の両方の問題点を聞かせてもらえたのは良かったと思う。
私は母の介護ではセーフティ・ファーストを重視していて、施設側も同じ視点から今回の出禁の申し出をされている事が理解出来たので、気持ちよく承諾する。

A氏が帰った後、妹が大暴れしてスタッフに負傷させデイサービスを出禁になった時の事を思い出す。あの時は家族全員が暗澹んたる気分で、それもあって父は自殺へと大きく舵を切ったのかもしれない。