なんちゃって課長日記

自殺した父、認知症の母、社会的入院中の妹を持つ介護離職者の生活とその周辺

母.ケアマネ氏来訪、モニタリング

介護ルームに上がってもらって開口一番「お母さん、少し痩せましたか?」と問われる。私はその実感がなく、私がキレたのをきっかけに日課だった血圧と体重測定を止めた事や、徘徊、脱走、迷子、苛立ちに耐え切れず母に怒鳴ったりしている事も伝える。以前から言われていた事だが母を特養に入所させる事を勧められる。
ケアマネと云う立場からは介護保険の枠組みの中から、その選択肢が適切なので勧めざるを得ない。いつも彼女は云う「情報提供はさせてもらいます」。そう、決めるのは私なのである。

別件として、ケアマネ氏の担当するある家族の方に私の話をして欲しいと云われる。以前冗談半分で「森田さんのやってること、講演会とかでみんなに発表してみませんか?」「ギャラ高いでぇ」みたいな事を言っていたのですが、どうやら今回は真剣な話らしい。ケアマネ氏によると先方のお困り事に、私のやっている事や考え方がお役に立ちそうとの事なので、3人でケアマネ氏の事業所で1時間程度ミニミニ家族会的な感じにしたいらしい。私の都合*1を伝えてケアマネ氏にアレンジしてもらう。*2

2020.06.29追記、
ケアマネから連絡があり、先方はハード面に興味があり、色々と見せてもらいたいとの事で場所は拙宅に変更し期日は07.13となる。

*1:実質母がデイサービス、デイケアの時間帯

*2:反省ポイント:その場でケアマネ氏から先方に電話してもらってチャチャっと決めてしまえば良かった。