なんちゃって課長日記

自殺した父、認知症の母、社会的入院中の妹を持つ介護離職者の生活とその周辺

母.認知症.訪問介護.プラン変更後、初めての訪問

これまで週2×30分でリハビリデイの送り出しをお願いしていたヘルパー氏に、今日からは週1×60分で朝食の介助に来てもらう事になり、今日はその初回。
しかし、食事介助だけで60分は間が持たないので、その場で私と相談しながら色々と介助をお願いする。

  • 介助内容
    • 寝ている母に声かけ、ベッドに寝かせたまま点眼薬。
      • 起床前2時間以内にトイレに行ってなければ、この後トイレに座らせるが、今朝は1時間半前に行ったのでスキップ。
    • 洗面所に連れて行き、歯磨き、洗顔
    • 朝食(出来るだけ母本人に準備させる)
      • エネルギー系ゼリー、ホットミルク、野菜ジュース(今のところ義歯が無いので、流動食のみのメニュー)
    • 食後の服薬
    • 体温、血圧、体重測定
    • 介護ルームの掃除
      • 母にスティック型掃除機(dyson V7)を持ってもらう。
      • ヘルパー氏は「ダイソン重たいから持てるかしら?」と心配されていたが、問題は重さではなくトリガーを指で引いてくれない事にあるので、以前やっていたようにトリガーをセロテープで止めて常時ONにして母に持たせ、ヘルパー氏が誘導するようにして掃除してもらう。*1
  • 反省点
    • 食器を洗ってもらう時に、ヘルパー氏がシンク用のスポンジを手に取られたので、慌ててそれを制するのに思わず手が出て彼女の手を掴んでしまう。

*1:止めてしまった理由は、私にストレスが掛かるからである。